想々啖々

絶世烟る刖天歌。文学者が思想を日常に翻訳していればいい時代は既に去った。

2. 経験の外部についての思考としての実在論

 前章において、論理学/数学/物理学は、どれも経験の捨象であるために互いに対等であることを記述した。しかしながら、捨象の対象については「実際の世界」と言うのみで多分に不明瞭であった。本章はこれについて検討する。
 実在論によれば、あるいは我々の素朴な感覚からすれば、論理学/数学/物理学それぞれの論理空間を構築する主体者またその意識から独立に諸物(objects)は存在し、この諸物の集合、またこの集合がもつ空間的な拡がりは外界と呼ばれる。実在論的な外界、あるいはそれと同一視されがちな実際の世界、現実について、人間は経験の捨象からここに普遍の規則が作用していることを期待するものの、その実態について確定して知ることはできない。天文学の標準モデル(standard model)によれば、我々の棲まう宇宙は、余剰次元を除いて、空間の3次元と時間の1次元の4次元時空間とされるが、「次元」という観念は人間が作りだしたものであり、論理学/数学/物理学それぞれにおいて定義するこの観念にしたがって外界が構造されていたとしても、確証されることはない。論理空間や物理シミュレーション系において恒久に規則が機能することを確証できるのは、他でもなく我々自身が規則を有効にしているためであり、外界においてこれをおこなうことはできず、ただ普遍の規則を予想するのみに留まるのである。
 また、この確証不能性は構造についてだけではなく、実在じたいについてもそうである。実在とは、仮に諸物が存在するとして、何らかの主体に認識されることで存在するのではなく、それ自身で存在すること、その存在様式を指す。実在とは絶対的に諸物が存在することであり、相対的に存在する場合は単に「存在が認識される」「存在論的に存在する」と言う。認識されることで諸物は相対的に存在し、認識されることなく実在は絶対的に存在するのである。独我論を退けて言えば、諸物はそれ自身で、つまり絶対的に存在し、人間は経験を通して相対的にそれらの存在を知るだけであり、絶対的に諸物が実在することを確証することはできない。加えて言えば、諸物に対して境界を設けて名辞を与え、個別に独立したものとして扱うこともまた我々の感覚上のことである。
 ここで経験(experience)とは、人間にとっては、感覚知覚された情報のコモンセンスとしての堆積、またこれを抽象的に解釈した諸学問知のことである。まさに現在感じられる感覚刺戟と、意識的/無意識的な経験とを足し合わせて人間は外界の状態を想像し、この想像や思考をフィードバックとして自身に入れつつ、外界と同期して自らを操縦する。ここで、感覚刺激から思考へ信号が集積化する過程や、理性や悟性といった機能の分割を全く考えずに、信号の複雑化をおこなう機構について単に「情報処理系」と言おう。通信理論において、情報処理系とは信号の受信端と送信端をもち、システムにおいて信号に何らかの加工を施すものである。ここでは感覚器や脳は一体のシステムであり、感覚も思考も有限な信号単位でやりとりされている。断っておくことは、ここで言う受信端としての感覚器とは、生理学的な視聴嗅味触の五感のみならず、対象とする何らかの物理量を電流値として我々に与える諸センサを含み(*6)、実在論的な外部を想定したときに、それについて接触ないし間接的なアクセスをもって情報を抽きとる、接触面のことを指す。
 このとき、情報の(再)統合/(再)構築(*7)が情報処理系においておこなわれ、それによって我々は自身の外部を想定する。(再)統合/(再)構築により想像される「外界」は、これから述べる事由によって、実在論的な外界と一致しない。そのため、主観としての我々自身の内部において擬似の外界が見出されるという意味で、これを「内界」あるいは「存在論的な外界」と呼ぶ。我々は大抵この内界を現実、実際の世界として認識しており、とくに注意しなければ実在論的な外界と同一視してもいる。一般的な信念によれば、内界と外界は一致している、あるいは部分的に一致していると考えられているのであり、この内界が外界の部分集合であることの了解は、受信端よりもたらされる情報=経験また感覚器に対しての懐疑をもたないことを意味する。しかし、外界の実在の実在様式について何ら確証できないことから、これは信念の域を出ない。
 外界における諸物の実在について確証をもちうるのは、我々に想像される造物主のみである。ここで翻ってみれば、内界における諸物の存在について我々は確証しうる。感覚する情報が自身において(再)統合/(再)構築された総和が内界であり、このなかで連続性をもって存在する諸物は、ただ感覚されることによって存在論的(ontically)に存在する。断っておくことには、ここで、諸物の集合から諸要素を取りだすことはしない。諸物について、それがどこから単体として数え上げられるのか、名辞か、原子レベルの構成要素か、というのは個人の主観により全く異なる。この点から、人間にとって一般的な内界とは、まさに知覚された情報の総和であり、何となれば全人類、全時代にわたってとられた総和のことであると言ってもよい。単位について分けて見ることはせず、ただ諸物の集合と述べるに留まり、まさにそうすることによってここでは内界の一般性を保つ。
 さて、内界、つまり感覚情報を(再)統合/(再)構築して想像される外界においては、自然法則や因果律が、見かけ上、明らかに成立している。これらに対する反証が見当たらないからである。個人のうちにではなく全人類のコモンセンスにわたって共有されるこの整合性は、演繹的に立証されることはない。ヒューム流に言えば、身の回りに見られるそうした規律性は、決して推理されず、ただ見られるだけである。とはいえ、論理学や物理学といった経験の捨象であるところの論理を用いた推理が有効であるかぎり、我々はこれを行使し、恩恵を受けつづける。論理学規則や物理法則は、べつに真理と一致していなくても構わないのであり、一致するか否かを確かめる術を我々はもちえない。
 論理学的な示唆を一つ見出すとすれば、この整合性は主観的な時間スケール/観測領域においてそう見えるものである。「経験されなかった事例は、いつでも、経験された事例に類似する」という帰納法が見かけの上で真であるのは、観測者である我々が時空間方向にこの命題を適用したときに限られ、この枠を逸脱して適用を図ることは、少なくとも論理学においては許されない(*8)。
 主観とはつまり先の情報処理系やひとまとまりの信念のことであり、自己と外部を隔てる境界より外部、実在に対して間接的な知識しかもたず、そのために実在について確証をもちえない者またはその知識のありかたを指す。主観者としての人間はただ、現象の規則性や類似性について察知して定式化し、生活に役立てるのみである。論理学/数学/物理学は、我々が得る情報の(再)統合/(再)構築の方式の例であり、我々に対して存在論的な外界がどのように在るかを教える。この外界は主観的に切り出されたものであり、それというのは、これが実在論的な外界よりも必ず小さくなることによる。
 実在論的な外界のもつ自己情報量は、それの復元として主観者がもつ相互情報量と比較して、いつも大きい。内界=存在論的な外界は、主観者においていつも不完全に(再)統合/(再)構築されているのである。これについて論証しよう。
 主観者のもつ相互情報量、すなわち我々が経験としてもつ知識量を、完全な外界の自己情報量から差をとると、我々がとりこぼしている情報量が出てくるが、段階を踏んで言えばこれは二つの種類を見出せる。一つは解像度に関する欠落であり、これはメイヤスーがベルクソンの純粋知覚について見出した「減算的」(*9)な性質に近い。主観者における情報処理系が扱う信号は有限の単位であることから、我々が外界について切れ間なく知覚しているように思えても、その実態は離散的/デジタルである。すなわち、二つの続いた信号の間の時間隙において外界の状態を察知しえないために、情報量のいくばくかを欠損しているのである。もう一つは、感覚器に測定可能対象が有限個数であることによる欠落である。感覚器とは視聴嗅味触の五感および、対象とする何らかの物理量を電流値として我々に与える諸センサである。我々の情報処理系が扱う信号の総和、つまり物理学的に観測可能な情報量の総和は、感覚器によってもたらされる信号の総和に等しい。しかし、この情報量の総和は、実在論的な外界の自己情報量の総和より必ず小さい。これは確証不可能なことだが、仮に、主観者にとって観測不可能な物理量が一つもない場合には両者が等しくなることは、有限性に関して言えばありうるが、しかし、やはり先の減算的な欠落によって必ず小さくなるのである。これら二つの事由により、主観者が外界と信じている現実世界は、実在論的な外界に対して不完全な(再)統合/(再)構築となっている。
 以上を整理すると、下図が見出せる。主観における知識を出力とすると、情報処理系は通信路として表せるのである。

 本章を整理して言おう。実在論的な外界とはそれ自身で実在する諸物の集合のことである。対して、我々が「実際の世界」なり「現実」なり素朴に言うところの、存在論的な外界とは、主体によって感覚される情報が処理系において(再)統合/(再)構築された総和のことである。実在論空間上の「実在」が絶対的に存在するものだとすれば、存在論空間上の「存在」は、主体がなければ総和が空集合となることから相対的に存在する。
 また、ここまでを総じて言おう。経験とは、実在に対して間接的で不完全な情報のことである。これの捨象として誤りなく構成された諸論理は、規則によって真となり、外界から間接的に得られる情報をここに容れて真となる論証を構成できるが、これは存在論的な外界において合致するか否かを確かめるに留まる。
 本章において想定した実在論的な外界は、経験の外部についての想定である。この想定によれば、経験を唯一の根拠として論理空間を保っている、論理学/数学/物理学といった諸学問知は、実用性を除けばただの信念と遜色しなくなってしまう。しかし、これが顕在化するのは、ただヒューム的な破れに人間が遭遇した場合のみである。次章において、これについて検討する。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

*6)生得的に感覚質(クオリア)として与えられる感覚を特別視する謂われは何もない。あえて名辞するならば諸センサは「拡張知覚」とでも呼べよう。我々は拡張知覚によって放射線量を感覚し、磁場を感覚し、重力波を感覚し、また間接的にクォークの運動を感覚する。
*7) '再'に括弧がつくのは、諸物が実在して、それ由来の情報を人間が知覚しているのであればそれは「再統合/再構築」に違いないが、それが確証されない以上は、単に情報だけがあり、それを自身で「統合/構築」しているに過ぎないからである。
*8)「論理学において許されない」行為をすれば、その操作を受けた命題なり論証の真偽は当該論理空間において決定されなくなる。この命題なり論証は、論理学の規約によってではなく、信念によって真偽が決定される。しかし、帰納法じたいが論理学的に欠陥がある以上、反証が提示されないかぎり対象の命題は偽ではなく、排中律を適用すれば真であると言うよりない。
*9)カンタン・メイヤスー 減算と縮約 ドゥルーズ、内在、『物質と記憶』(2007)(2013 現代思想 岡嶋隆佑訳)