想々啖々

絶世烟る刖天歌。文学者が思想を日常に翻訳していればいい時代は既に去った。

雑記

記述の枯渇としてのニヒリズム:ニーチェ的虚無,実証主義的虚無

実在論について。まずい嵌まり方をしている自覚がある。 人間に蓄えられる知識は有限であり、それは学知として体系されている。端的に、経験可能である情報について最適化された(ている) 理論が科学である。 経験から最も真理らしい外界の構造を見出している…